駆け出しケアマネージャーが知りたい受付・相談・契約まで

駆け出しケアマネージャーが知りたい受付・相談・契約まで

駆け出しケアマネージャーが知りたい受付・相談・契約までへようこそ

ケアマネージャーの仕事、ケアマネジメントは、
対象者を見つけた時点から始まります。

 

たとえば、居宅介護支援の場合は、
利用者本人や家族からの電話相談が最も多いといわれています。

 

つまり、電話を受けた時点から援助がスタートすると言っても良いでしょう。

 

相談の電話をかけてくる背景は、一人ひとり異なります。

 

相談を受けるケアマネージャーは落ち着いて、
援助が開始するという意識を持ち、丁寧な心を心がけるようにしましょう。

 

相談者が、「気持ちを受け止めてもらえた。」、「よく話を聞いてもらえた。」
と、感じてもらうことにより、
その後の援助関係の円滑な構築につながって行きます。

 

また、援助関係がスムーズに構築されることにより、
援助開始後の苦情を減らすことができます。

初回の電話相談で注意すること

相談者は、不安な気持ちで電話をしてくることが多いので、
安心感を与えることができるように、
ゆっくりと話を聴くようにしましょう。

 

しかし、初回の電話相談は、丁寧に対応することも必要ですが、
情報の質と量のコントロールをすることも大切です。

 

質問をしすぎてしまったり、
殆ど質問をしなかったりすると、
相談者に不安が生じ、援助関係の構築に結びつけることができません。

 

また、情報提供量が多すぎれば、
援助者に常に解決を求めるような指示待ちの姿勢を育ててしまうことになりかねませんし、
相談者の自立を損ねる可能性が出てきます。

 

ケアマネージャーは、利用者の戸惑いに丁寧に対応しながら、
利用者の理解度、納得度、満足度に配慮をしながら
情報を収集することが必要です。

 

ですが、この段階での情報は、初めての情報ですから、
確定した情報ではありません。

 

思い込みや決めつけで次につなげるのではなく、
本人と家族の主訴を聴取しながら、予測的にアセスメントをしていくことが必要です。

 

また、自分の期間で対応できない部分については、
適切に対応してもらえる機関を紹介することも必要です。
ケアマネージャーになるには